Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  



立川市NJ邸 リフォーム

リフォーム

数十年前に購入した中古住宅、少しずつ気になるところを直してきたものの、
最近は、寒さがとても身に染みて来ました。
市の広報紙で、助成金対象の耐震診断と耐震改修工事も兼ねて工事をすることに目が止まり、耐震改修リフォーム工事をしました。
LDKの耐震改修工事は壁を剥がしますので、容易に断熱材を入れる事が出来ました。
数十年前に建築した既存住宅にありがちな不足気味のコンセント類を、増設する事が出来ました。
不動産業者のチラシしかなかった間取りの分かる図面類や、増改築の際に図面作成していないまま工事を行なったため現状の図面がない場合も、耐震診断の際に現状図面を作成することが出来ました。
住みながらの改修工事でした。
                                                 東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計





 1階 壁番号2 (画像をクリック!)

 1階 壁番号3 (画像をクリック!)

 1階 壁番号4 (画像をクリック!)

 1階 壁番号7 (画像をクリック!)

 床束の補強 (画像をクリック!)

 雲筋かいの補強 (画像をクリック!)

 小屋裏 短冊金物の補強 (画像をクリック!)

 床下排水管の吊下げ金物の補強 (画像をクリック!)

 
 町の工務店さんにお願いしました。
 監督(大工兼用)と大工さんとコンビネーションよろしくスピーディに工事が完成しました。

 外壁に断熱材を充填しました。
 
 内部タイルのひび割れや外壁の軽微なひび割れはクライアントが直しました。