Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  


塩梅 プロローグ・エピローグ

東京都立川市の家-4 プロローグ・プロセス・エピローグから成るストーリーをご覧ください
東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

 

プロローグ                                                 エピローグ

以前、耐震診断ご依頼の電話を頂き、耐震診断の実施と耐震改修工事の話を致しました。

しばらくしてから、そのまま耐震改修工事を実施するか、或いは、建替えて新築した方が良いかの選択について、ご相談を頂きました。

私共は各々についてご説明し、どの選択も賛成出来る。

あとはクライアントさんの考え次第。となったまま、約一年の年月が過ぎ・・・

新築の方向でご依頼を頂きました。

ロケーションがとても良い角地で、地元では『あの場所!?』と誰もがきっと知っている素晴らしい場所に、防犯性も重視した三世代住宅を建替えします。

 

プロセス
2011.12.20
解体工事

解体工事
 
解体工事
 
思い出深い 家屋の解体

生活が変わる

大げさに言えば
人生が変わるかもしれない
第一歩です
2011.12.24
地盤調査
地盤調査 :表面波探査法

地面をゆらして その“ゆれ”の伝わる速さから 地盤の硬軟の判断をし

データの変化から 
地層の境界を読み取り 

各層に支持力がどのくらいあるのかを
判断します

良質の地盤の判定結果でした
2012.01.12
地鎮祭
地鎮祭・地縄

施主と祭主による、厳かな地祭りが行われました

地縄張りをし、建物位置の確認をしました
2012.01.23
遣り方
水盛り・遣り方

建築物の高さ・位置・水平を決定します
2012.01.25
ランマー

プレートランマー
基礎工事:砕石の転圧
 
タイピングランマーで転圧、プレートランマーで均しをしました
2012.01.26
防湿シート敷き
基礎工事:防湿シート敷き

防湿シートは厚さ0.2mmを使用しています
2012.01.28
基礎配筋+型枠
基礎工事:型枠+配筋
2012.02.01
配筋検査

 配筋検査
基礎工事:配筋検査

鉄筋D13をタテヨコ200ピッチで
組んでいます

私共と住宅瑕疵担保責任保険の検査
を実施しました
2012.02.04
基礎耐圧盤コンクリート打設・養生

 基礎耐圧盤コンクリート打設・養生
基礎工事:耐圧盤コンクリート打設・養生

基礎耐圧盤(ベタ基礎の底盤)のコンクリートを打設しました

雪に備えて、養生シートをかけています
2012.02.12
施主見学会
施主見学会

基礎工事終了までのプロセスについてお話ししました

特に、コンクリート配合書・ミルシート・強度試験等について、説明しました

基礎コンクリートが固まるまで、少し時間がかかります

その間、プレカット(工場木材加工)の打合せを進めます
2012.02.25


 
足場掛け(先行足場)

建て方の前に足場をかけました
2012.03.03
棟上

棟上
棟上

ご近所の評判も上々で、施主も終始ニコニコ顔でした

登り梁(上部斜材)が丈夫な構造体をより一層、際立たせています

オープンスペースに顔を向け、大きく大きく見えます
2012.03.06


 
足場のシート張り

現場表示板が取り付けられました
2012.03.13




 

床の構造用合板張り 
2.2メーター飛ばしの化粧垂木の取付
細かなピッチの垂木はのびやかで美しい

とても楽しみです
2012.03.22

 



火打梁の取付

廊下の南面にハイサイドサッシが付く予定
冬の日差しが深く差し込む

2階の仕口は金物工法の引き寄せ金物を使用
(1階は通常の金物)し、ハイブリット工法

化粧梁に先行配線が施される





 
屋根断熱材の確認

床柱の確認
和室がどんな風になるのか楽しみです

鋼製束の確認
キッチリ丁寧に接合されています
2012.03.24


施主見学会

外壁の斜めの柱が取付けられました
どのように効いてくるか
連続した垂木が愉快です
2012.03.27





屋根断熱材の充填が終了しました

柱・土台の柱脚金物+柱・梁の柱頭金物が取付けられました

サッシの搬入を確認しました

現在、大工さんが3人です
棟梁の指揮の下、みな図面が読み取れ、丁寧に着々とすすめられていて、安心です
2012.04.05


          
サッシが取り付けられました

防湿シート張りが始まりました
外壁の下地が張り終わっているからなのか
とても大きく感じます
2012.04.07


施主見学会
フローリング等の色見本の確認をしました

壁の断熱材が充填されました
断熱材プラス、気持ち良い空間が暑さ、寒さを緩和します

階段の吹抜け部分
因みに4㎡以上の吹抜けが生じる場合は、耐震補強材の割増を考えます
2012.04.13







屋根内部の通気層の隙間が見えます
壁内部と繋がり、壁・屋根内の環境が良くなり、建物が長くもちます












屋根板金工事が始まりました
繋ぎなしの通しで葺きます
スッキリとした印象になります










トイレ排水管の防音材を確認しました











温水床暖パネル敷きを確認しました
2012.04.17


バルコニーの床に断熱材が充填されました






















ユニツトバスが据えつけられました
排水管は防音材で被覆します
2012.04.24


          
和室の造作がはじまりました
大工さんの腕の見せ所





















外壁に丸い穴が出現しました
さて、どういった効果が・・・
たのしみが増えます
ガルバニウムの平ぶき屋根
継ぎ目なしで、とてもシンプル

ステンレス製の雪止めが千鳥に取り付けられました
2012.05.08


外壁板の取付が始まりました
白い板がさり気無く纏う















外壁に縦型のポストが取付けられました
2012.05.11


化粧垂木に塗装が施されました


和室の長押等が取付けられました
2012.05.15


          

床の間の網代天井材が張り終えました

キッチンが据えられました
2012.05.23

足場が外されました

ツートンカラーのひときわ目立つ外観が
現れました
2012.06.02



電気衛生換気設備等の機器の
取付が始まりました

外部では設備配管工事中です

私達の現場チェックも概ね終了です

もう少しで完成です
2012.06.05


完了検査が行われ、合格しました

この日に、内観、外観そして、夕景の撮影
を行いました

とてもいい写真が撮れたようです

たのしみです

私達の設計監理もそろそろ終了します
2012.06.16


         
完成引き渡し

電気衛生設備等の機器の説明を行いました

施工会社及び鳶職さんのプレゼント
上棟記念の、お祝い提灯だそうです

施主・施工者・設計者が三位一体となり
引き渡しすることができました。
          

エピローグ                                                  プロローグ

耐震診断をきっかけに、建替え。と踏み切った家づくりでした。
人通りが多い立地で、安全に暮らす為の工夫を凝らし、又、何よりも、耐震性の向上が大きなポイントでした。

今までの暮らしとこれからの暮らし
門と塀でワンクッション置いた今までの暮らしに対して、家の外壁と塀をひとつにまとめ、見通しの良い安全性を確保しました。
南に大きな掃き出し窓がありました。開ける度に外を通る人の視線が気になり、思うように活かされていない真南の開口部を、滑り出し窓にして、正面に隣家の樹を配したピクチャーウインドウにしました。そこまでが庭のように広く感じられるリビングダイニングとなりました。キッチンにも小窓を設け、この小窓からリビングダイニングを通して見通せる空間が実現しました。

隣家への配慮
とても便利な立地ですから、3階建てが建てる事も出来、住宅密集地になり得る敷地でした。
しかし、隣家への日当りと音にとても気遣うクライアントさんご家族は、計画にとても慎重で、通路を隔てる事や2階建てにして屋根の高さを抑える選択をされました。そこで出来たのがこの屋根形状と勾配天井のプライベート空間でした。各個室の他、想い出の品を保管する納戸や小屋裏収納を設け、それでも個室を狭く感じさせない有意義なアイテムとなりました。

エネルギー
大震災の前後からスタートしたこの家づくり計画で、節電・計画停電・ランニングコストもポイントとなりました。家庭用照明器具にLEDライトが少しずつ普及し、器具の価格・イニシャルコストと、使用する時間や場所・ランニングコストに対して、器具の選択をしました。床暖房、キッチン、浴室暖房、プライベートルームの暖房 などにはガスを。と、上手な選択をされています。

                                    
完成写真



夕景の空の色がうっすらと壁に映えて美しい



隣家の間のカースペースは風が通り抜け気持ち良い。周囲の環境も良くなつた



各個室の天井の構造材が露出し、変化にとみ楽しい空間となった



道路側の各個室の窓からは、向かい側の楠を楽しめることができる

              

 


 メンテナンス工事
  ホワイト煉瓦の補修・シンボルツリーの植栽

 煉瓦補修・植栽前(画像をクリック!)

 煉瓦補修・植栽後(画像をクリック!)

 中庭にジューンベリーが植えられました。
 季節を通じて楽しめる落葉樹です。

 花壇に植えられた花木のささやきが聞こえそうです。