Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  

○二 プロローグ・エピローグ


○二 プロローグ・エピローグ

東京都杉並区の家 プロローグ・プロセス・エピローグから成るストーリーをご覧ください
東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

 

プロローグ                                                 エピローグ

都心でありながらも、『建蔽率・容積率が40/80の土地の購入が決まった。』と、穏やかなメールが届きました。

私どもの得意とする、家族の気配を感じるリビングと一体化出来る広めの庭がご希望。

現計画中の段階でも、堅実な造りの中にお互いに提案し合い、二つ返事で決まってゆく数々の納得し満足する、 この東京都杉並区の家だけの楽しい装置の発想がひしめいています。

図面を見ながら打合せする事、計画について夫婦で話し合い夢を巡らせる事、話し合った事をメールで伝える事、全てが楽しいとクライアントは嬉しそうに語ってくれました。

3階建ての建つ狭い敷地と2階建てしか建てられない広い敷地、同じ延床面積が可能ならば、私どもは必ずと言って良いほど、後者をお薦めする。

その理由はこの建物が完成し、エピローグで実証することになるでしょう。


プロセス

2003.07.31

地盤調査
地盤調査

マシーンを使っての調査では無く
人の手で錘をのせ、ロッドを回す

地盤の感触が手に伝わる
これが良い
やっと、許可が下りました。     2003.11.08   

最大の難関門“43条ただし書き通路・許可申請”に要した時間・・・というより日数
およそ一ヶ月。コピーした書類枚数およそ500枚。現場(近隣)に足を運んだ回数6回。

区役所への電話相談と出向いた回数10回・・以上。数年前の法改正によって、大変な手続きが必要になりました。

この手続きは私共にとって過去に経験していますので“そんなに” びっくりする事ではありませんでした。

また、クライアントには前土地所有者をはじめ各方面に対して、書類作成の為の資料を迅速に取り寄せて頂きました。

双方なかなかのコミュニケーションの良さを実感しながら、とても順調に事は進みましたが、それでもこれだけの日にちは掛かっています。

・・・・いよいよ、確認申請です。

2003.11.27
地盤改良
地盤改良

無数の杭を基礎耐圧盤の下に打ち込む
確認申請も済み、工事会社も決定し、いよいよ始まりです。
2004.04.17
地鎮祭
地鎮祭

大安吉日
2004.05.14
根切
根切   


図面通り基礎最下端まで
掘り下げているかの確認は重要事項

『材料を満たす』この当たり前の事を
やれているかどうかを確認する

このページの先頭へ
2004.05.20
基礎配筋
基礎配筋

耐圧盤ダブル配筋の下段が完了

ユニット配筋を採用

溶接接合しているのできれいに納まる

鉄筋の強度が若干落ちるがあらかじめ充分な鉄筋量を図面に盛り込む
2004.05.27
基礎天端均し
基礎天端均し

セルフレべリング材 (均一なレベル面を求める際に、泥状にして流し込む材料)
使用

重要作業、誤差3ミリ以下に均す
2004.06.04
上棟
上棟


天気に恵まれて、無事棟上が完了

威風堂々とした骨格
2004.06.05
お清め
お清め

建物の四隅にお清めします

職人さんへの労いのお言葉とお祝いの乾杯を致しました

『完成する日が楽しみです』
2004.06.29
野地板張り
野地板張り

吹き抜け部分
与えられた空間を使い切る
2004.07.06
外壁下地

外壁下地

構造用合板張り
2×4用釘(CN50)150ピッチ以内に
打ち止める
2004.07.20
ステンレス丸柱
ステンレス丸柱

構造柱を兼ねた、ステンレスヘアーラインの丸柱(黒い養生シート貼り)が取り付く

空間を際立たせる役目を受け持つ

このページの先頭へ
2004.07.22
外壁透湿防水シート
外壁透湿防水シート


デュポンタイベックシート張り

防水性、強度、透湿性、防風性に優れる

強度は大地震の時に役に立つ
2004.07.26
住宅金融公庫の中間検査合格
天窓
天窓

空が動く

誘い込まれた風が浴槽の水面を動かす

水面に光が差し込み、壁や天井を動かす

気持ちが動き、生が活性する
2004.07.27
ロフト
小屋裏収納庫(ロフト)

ロボットの体内にいる様な錯覚

ユニークなアイデアが生き生きとした空間を演出

囚われた心が解かされ、癒される
2004.08.03
外壁ラス下
外壁ラス下

モルタル塗りの下地板(杉板)

壁内の空気を横に流す
2004.08.07
断熱材充填
断熱材充填

壁天井はロックウールマット

床はグラスウールボード
2004.08.11
私は常々感じている いい大工さんに巡り合えると家の価値があがることを・・・
杉板三層パネル
2階床杉板三層パネル

杉板三層パネル厚36を仕上げに使用

大工さんがとても丁寧に仕上ています

プロセスがとても大事
2004.08.13
電気、給排水衛生設備
設備工事 

電気、給排水衛生設備等の打合せ


このページの先頭へ
2004.08.16
樹脂配管
システム配管

樹脂配管

地震に安心、メンテナンスしやすい、さびにくい等々

技術は日進月歩

『技術は進歩し続けるが、
このときの家への思いはいつまでもかわらない』
2004.08.24
建具レール床埋め込み
建具レール床埋め込み

ナラ無垢フローリングに直接溝を切り、ツバ無しVレールを埋め込む

簡単そうで難しい作業
2004.09.04
外壁モルタル塗り
外壁モルタル塗り

寡黙な左官屋さん

仕事は真っ直ぐにキチンと仕上ている
2004.09.07
強化石膏ボード厚15
準耐火構造

木造の3階建て仕様

天井下地に強化石膏ボード厚15等を使用して、
火に強い構造になっている

千鳥に張ってあるのは天井下地の強化と仕上がりに対する配慮
2004.09.09
クロス下地
クロス下地

強化石膏ボードをパテでしごいて平滑にする
2004.09.15
足場バラシ
足場バラシ

外壁のエンシェントブリック

テクスチャーが良い

このページの先頭へ
2004.09.17
手摺り取り付け
手摺り取り付け

ウィルウォール(燃えない木)の手摺り
2004.09.18
手摺り板取り付け
手摺り板取り付け

ウィルウォールボード

やさしい木のテイスト
2004.09.23
ロフト
ロフト

居室空間の中に
2004.09.25
吹き抜け
吹き抜け

朝日のあたる家
2004.09.27
踊り場の手摺り
踊り場の手摺り

パネルの木口を表す

集成材の良さが際立つ
2004.09.28 

照明

やわらかい明かりが、穏やかな気分にさせる

このページの先頭へ
2004.09.30
キッチン
キッチン

すっきりとした印象
完成しました
手作りの良さが体感できる家になりました
2004.10.08
薪ストーブ
薪ストーブ
2004.11.01
ロフト
ロフト
2004.11.03

ウォッシュカウンター
2004.11.07
スタディカウンター
スタディカウンター

    このページの先頭へ
2004.11.08
グースネック混合栓とシーガルフォー
キッチン水栓と浄水器

グースネック混合栓とシーガルフォー
外構工事が始まります
2004.11.07
鉄筋コンクリート塀の配筋

配筋とは設計図どおりに鉄筋を配置すること
2004.11.10
鉄筋コンクリート塀の型枠
鉄筋コンクリート塀の型枠

型枠とはコンクリートを打ち込むための仮設の枠

コンクリートが硬化すると外す
2004.11.17
鉄筋コンクリート塀の型枠バラシ
鉄筋コンクリート塀の型枠バラシ
     このページの先頭へ

 

エピローグ                                                  プロローグ

引っ越して数日後の土曜日の昼下がり、東京都杉並区の家に伺いました。

まだまだ、ダンボールの山が片付かないと思っていたところ、たっぷりの収納には荷物が整然と納まり、ダンボールのかけらもありませんでした。

『1階と2階の移動が大変だろうと思っていたけれど、全然苦にならなりません。
生活動線が考えられていたのですね。』

入居するまで気が付かなかった “快適アイテム”が、『それから・・・・』
『それから・・・・、』と話しはとめどもなく続き、気が付いたら、外は完全に陽が落ちていました。


【縦の視線】

室内で見上げる視線が数多くあります。
朝起きて、勾配天井が先ず目に入ります。
すっーと抜ける視界で背筋もしゃんと伸び、目覚めの良い一日の始まりを迎える事が出来ます。
洗濯物が出るのは、殆ど2階です。
洗濯機も物干しスペースも2階です。
そして収納も2階です。ですから、洗濯物をたたむのも2階です。
その作業をしながら、リビングで遊ぶお子様を吹き抜け越しに見守り出来ます。

【天然の空気清浄機】

1階リビングの壁面の一部と玄関床には、大谷石を使いました。
大谷石は、老化促進ホルモンやエチレンガスを吸収透過すると言われています。
経年変化してゆく色や風合いを楽しみつつ、これらの作用の恩恵に感謝です。

【そとからかえったらおててをあらおう】

1階リビングの片隅に手洗い器があります。
お子様やそのお友達が来て、すぐ手を洗える場所を設けたい。
という所から発したコーナーですが、 リビングの一角に、“いかにもボールと水栓”は御免。
と考えた私たちは、壁に同化した手洗いスペースを設置しました。
グリーンを置くと飾り棚と見間違えるくらいに目立たないこと。
引っ越してからはその甲斐あって、ここで1日何度も手を洗う、殆どお子様専用といっても過言ではないようです。

【シンボルツリー】                      

広い庭の一角に一本のシンボルツリーを植える計画をしました。
目印になる事。部屋の中から木の葉が揺れる様子が見える事。
外界とのワンクッションとなる枝ぶりである事。を踏まえ、クライアントご家族と私たちで植木屋さんに行き、
全員の意見が一致したのが、カクレミノの木。真冬でも絶え間なくきれいな葉が茂っています。

【毎週末の楽しみ】

早速、薪の購入をしたクライアント。
薪ストーブの使い方を指南に来て貰い、
着火し、燃えてゆく様子を見守りながら、
はたまた消えてしまわないか気を配りながら炎を眺めていると心が休まり、 “我が家での週末ライフ”を実感しているとの事。
静かに時が流れ、ここが都心とは思えぬここちよい気分にさせるひとつのこだわり。
・・・・『予想以上に奥が深く、面白いものなので、ちょっと「はまって」しまいそうですよ。』
実は、予算がオーバーしたら諦めるしかない。と覚悟はしていたものの、『実現できて良かった!本当に良い家が出来ました。』とは、クライアントの弁。





稀に見る、建築に際して厳しい規制のある土地でした。
その甲斐あって、計画には様々な工夫が必要でした。
杉並区という都会の住宅地でありながら、家族がゆったりした気分で楽しく過ごせる空間が活きています。
家づくりの工程をいつも楽しみにしていた、I様ご家族の家ならではの快適空間となりました。
そう、いつの打ち合わせの時も和やかにあっという間に時が過ぎてしまっていました。


□ 外壁・外構のメンテナンスを実施しました。

・外壁の塗装

色のくすみ


色のくすみ


外壁の養生


洗浄


下塗り


中塗り
                               

仕上げ塗り

・木製手摺の塗装・バルコニー床の洗浄

全体にくすみ


木部手摺のくすみ色あせ


色のくすみ


自然塗料の塗布


ファイバーグレーチングの洗浄中
                  
・屋根の洗浄

屋根のよごれ


洗浄中


屋根のよごれ


洗浄中

外構
・塀の木部、コンクリート部分の洗浄と塗装
 玄関ポーチ床の大谷石の洗浄と塗装

木部塗装の劣化


コンクリートのよごれ、木部塗装の劣化


木部塗装の劣化
                  

塀木部のケレン


コンクリートのよごれ


木部塗装の劣化、コンクリートのよごれ


木部塗装の劣化、コンクリートのよごれ


コンクリートのよごれ


コンクリートの洗浄、保護塗装の完成

・スチール玄関引戸枠の塗装
   
引戸枠に錆び            引戸の養生


フッ素塗料の塗布



                   


外壁・木製手摺がきれいになりました。



・ロールスクリーンの修理、新規取付


既存ロールスクリーンのマシーントラブル


調整中


・・・ゆるやかな間仕切りとして、ミディアムな透け感を選択


浴室透明ガラス戸には屋内建具と同色の新規ロールスクリーン取付。
来客の宿泊が増え、来客への心配り


計画時の紙模型が大事に棚の上に置かれていました。
うれしいですね。