Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  

2世帯住宅


立川市IN邸(2世帯住宅)新築工事 進行中

東京都立川市の家-6 プロジェクト プロセス・ストーリーをご覧ください
東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

 

 プロローグ                                                  

娘さんがご結婚し、ご養子さんを迎える事になりました。
現在のお住まいは築24年。
この住宅をリノベーションし、さらにもう一世帯分を増築して二世帯住宅として一緒に住む。
或は、思い切って新築する。
ふたつにひとつの選択肢をご家族全員で見つめ、
潤沢にある敷地を最大限に生かした、完全分離できる二世帯住宅の新築を選ばれました。

その敷地は、周りがのびやかに開かれ、西には大きな桜が望め、南西には富士山が、又、夏の北西方向には昭和記念公園の花火、と至る方向に大きなスケールの眺望が期待出来る素晴らしい立地です。
又、一方、道路との間には、歴史に残る小川が流れています。建築基準法上で道路と接していない扱いになるので建築審査会の承認を得る手続きがありますが、このせせらぎを聞く度に癒される貴重な財産です。


プロセス
2017.02.05 重要事項説明書の説明と建築設計・監理業務委託契約書を交わしました。同時に計画案3案を提出し、打ち合せをしました。3案は増築案、新築案、新築案です。
2017.02.12 親世帯、子世帯の話し合いの結果、最後発の新築案を気に入って頂きました。再度ご要望をお聞きしました。
2017.02.25 ご要望を反映した計画案で「いいね」になりました。
2017.03.11 実施設計に入り、平面図、立面図での打ち合わせ。平面図は少し大きな図面で、縮尺1/50としました。
2017.03.26 4枚の断面詳細図で全体の空間構成を説明しました。
又、水回り設備の打ち合わせをしました。
2017.04.09 展開図をもって、打ち合せをしました。
設備の打ち合わせを重ねました。
2017.04.23 内外部の仕上げの説明と水回りの詳細な打ち合わせをしました。43条1項但し書き申請についても触れました。
2017.05.06 電気設備、給排水設備、換気設備図について、内容の確認を得ました。又、内外部の建具表を提示し、説明をしました。その他に、照明器具のプレゼンシートにて、親世帯、子世帯ごとに説明をしました。打合せはゆうに3時間を超え、中身の濃い打合せになりました。
2017.05.09

43条1項但し書き申請の為の現況測量と写真を撮りました。

玉川上水の分水の流れ
2017.05.21


ルーフバルコニー用の階段詳細図、親世帯と子世帯の階段詳細図を提出し、説明をしました。
又、伏図(構造部材を上から見下げた形)8枚を通して、スペックの説明をしました。

それから、数枚の色付けした外観図を示し、方向性を決定しました。

周りの情景が「この色かな」と教えてくれています。
2017.06.04  特記仕様書を加え、図面一式を提出し、ひと通りの説明を行ないました。実施設計が完了しました。
2017.06.06 立川市建築指導課に43条但し書き申請を提出し、受理されました。
2017.06.23 数社に見積りをお願いしました。
2017.07.19 昨日、建築審査会が実施され、43条但し書き許可申請が通りました。
これから消防署の同意、市の建築主事の決済などの事務処理を経て今月末に、許可が下りる予定です。
2017.07.25 立川市建築指導課から連絡があり、43条但し書きの許可が下りました。
2017.08.17 指定確認検査機関へ建築確認申請を提出しました。
2017.08.24 工事請負契約が締結されました。
2017.08.28 建築確認申請が下りました。
2017.09.06

解体工事が始まりました。
2017.09.11
上部の解体が終了し、現在基礎の解体中です。 
2017.09.13
 
解体が終了し、更地になりました。













跡形もなくきれいになりました。




2017.09.21
地盤調査を行いました。 
2017.10.04
地縄が張られました。 

建物の位置を確認します。
2017.10.17


遣り方と根切

基礎工事の根切が始まりました。
遣り方の横板を基準に根切床(巾)を決定し、根切が行なわれています。

この場所は埋蔵文化財包蔵地であるがゆえ、立川市教育委員会の職員が立ち会い、慎重に掘削が行われました。








結果、遺物が発見されませんでしたので、引き続き工事が行われます。
2017.10.21


捨てコン打ちが実施されました。

捨てコンは構造的な役目はありませんが、基礎の位置を正確に墨出しする目的で施されます。特に、鉄筋かぶり厚(鉄筋を覆っているコンクリートの厚さ)を確保するための重要な役目を果たします。











施主と現場監督と私どもで設備の打ち合わせをしました。
2017.10.31




住宅瑕疵担保責任保険法人による配筋検査は昨日実施されました。


本日は私どもの検査を実施しました。ホールダウンアンカーボルトの位置、種類を指示確認しました。








基礎貫通部分(給水・排水管)のスリーブベンド管(さや管)を確認しました。



基礎立上り筋はD13フック付きです。フックを付けることで基礎底盤の剛性が一層強化されます。










基礎の断熱材が搬入され、確認しました。
2017.12.22




足場を掛けております。













桧の土台が搬入され、確認しました。











大工さんが土台敷を行なっています。 
2017.12.27












建て方が、もう少しで終了します。
















大工、とび、クレーンオペレーターさんが3時の休憩をとっていました。










見慣れた構造材で組まれていて安心感があります。

今回は土台はヒバではなく、桧を使用しています。























化粧梁が見えます。











羽柄材を確認しました。












構造用合板を確認しました。
2017.12.29






























床に構造用合板が仮敷きされ、梁落し込みの化粧垂木を取り付けています。
































































































































































スプリング付きの座金を採用しています。

















釘はCN釘(太目釘)を使用しています。























イの一番の柱です。
2018.01.13




上棟式を執り行いました。




四方祓い






















直会


2018.02.09

































床暖の打ち合わせ  












外壁に構造用合板が張られました。










西面のルーフバルコニーがシート越しに見えます。












東から見るルーフバルコニーです。



































梅が咲いていました。













パイプスペースに配管が施されました。























子世帯のリビングになるところです。












小屋裏収納庫になるところです。












柱脚金物が見えます。



















親世帯、子世帯の玄関です。






















こちらは階段下の物置です。親世帯と子世帯の両方にあります。










基礎の布部分はコンクリート打ち放しです。











短冊金物が見えます。











外部から見る子世帯の天井の様子です。このまま見えてきます。
2018.02.22
 





























電気の打ち合わせをしました。 











ガルバの屋根が葺き終えました。











ルーフバルコニーからリビングを見た感じです。このような雰囲気になります。











2階の廊下になります。親世帯と子世帯がつながります。











床暖の配管が終わりました。温水タイプです。











子世帯のキッチンからリビングルームを見たところです。こんな感じになります。











リビングからキッチンを見ると、こんな感じです。











親世帯のリビングルームです。いい感じです。











親世帯の小屋裏収納庫になります。山登りの大好きな奥様用です。因みに、三角窓は富士山の火口をもじったものです。さて、出来上がった印象はどんなもんでしょうか。楽しみです。


















玄関の扉がつきました。










一層目の防湿シートが張られ、通気胴縁がつきました。













壁の断熱材、確認しました。






















外壁防湿シートが張られました。













たすき掛けの筋かいが見えます。



















今日の人数は大工、電気、衛生、ガス設備屋さんと私たちを含め10人でした。
2018.03.01
























換気扇等位置の打ち合わせをしました。












バスが据え付けられました。バスタブに断熱材が裏打ちされています。









壁断熱材が充填されました。












まぐさ(建具の上枠の上に取り付ける横材)に釘が3本打たれています。










戸袋が取り付けられました。











断熱材はペットボトルを再利用したものです。












バルコニーの通気胴縁が取り付けられました。











ハイサイド窓です。





































化粧垂木が連続しています。











排水管に防音材が施されました。





ドルゴ通気弁が見えます。






浴室の外壁面に防水石膏ボードが施されています。
2018.03.08











排水経路について打ち合わせをしました。





















無垢フローリング張りの施工中です。











天井石膏ボードが張られています。











2階の廊下にある洗面コーナーの設備配管が出来ています。











ラス下(木摺りとか、バラ板とも言われ、モルタルの下地板)がきれいに張られています。




2018.03.15




























今日は、階段造作の状況確認が主な目的です。











大工さんがハチマキをして、頑張っています。












壁の断熱材充填と床暖パネル敷がが終了しています。











床下点検口です。少し、ぶかぶかしますが、600角を採用しています。











ガルバの庇が取り付きました。厚みがあっていいです。特にマットブラックの色味がいいですね。










バルコニーの笠木の防水下地が施工されています。












FRP防水が終わっています。










排水口が見えます。その上部にオーバーフローハイプを埋め込んでいます。
























階段のササラ桁を取り付けています。























玄関の庇とバルコニーの下部(軒下)に無垢板がすっきり納まっています。










ポスト口、照明の配線ができています。確認しました。












玄関枠の下を浮かせています。白蟻対策です。










下地板がきれいです。
2018.03.22












 
2018.04.08














木部、塗装の色が決定しました。
2018.04.12




















外壁の黒塗装が施されました。















































物置がができています。










































































基礎の仕上げはコンクリート打ち放しです。
仕上をするよりか、これが一番いいんです。
2018.04.25






















木製建具の打ち合わせをしました。  



















応接室の家具造作中です。



















乾太くん(ガス衣類乾燥機)を載せる家具です。













天井照明器具用下地ができています。



















廊下手摺、明るさと風が抜けるようになっています。













小屋裏収納庫です。天井高1400㎜以下に抑えています。











親世帯のリビング天井を塗っています。












居室の天井の塗装が終わっています。
















































2階軒裏の塗装が終わりました。











2018.05.07




塗装中です。
2018.05.12







































クロス工事が始まりました。





















































































クロスの確認をしました。
















































































物干し金物用の下地が取り付けられました。





















クロス用のボンドを確認しました。




























































































































表題登記の手続きの打ち合わせを行っています。
2018.05.16


















ダイニングボードが取り付けられました。















キッチンの窓から、寺と柳が見えます。


















子世帯のダイニングライトが付きました。














子世帯のキッチンライトが付きました。























親世帯の下駄箱の工事中です。




















石膏ボード用の釘、確認しました。













水道メーターが据えられました。













親と子の物置ドアが見えます。










引き締まった外観が現れました。
2018.05.22








建築の完了検査が行われました。




バーカウンターが据え付けられました。



















引出しの耐震ラッチが見えます。
大地震時の被害が軽減されます。












ルーフバルコニーの検査に立ち会っています。















外構が始まりました。


2018.05.26
 






私たち設計事務所の検査の後、施主検査が行われました。























































にこやかに終了しました。 
2018.05.29













外構の施工中










外観、階高を低く抑えた分、安定感があります。












黒塗りのバーカウンターです。












炊飯器の引出しです。











あかりの印影が美しいです。























タモの階段です。テクスチャーがとてもいいです。
2018.05.30






シーリングファンがゆったり回っています。機能もさることながら、ゆったりが心を安定させます。これがいいんです。





















親と子世帯が繋がる通路です。すっきりとしてます。










夕景も素敵です。
2018.05.31






























建物の引き渡し























調湿作用がある壁です。























子世帯のキッチンです。












親世帯のキッチンです。











リビング。












ルーフに行く階段です。











一か所に集められたスイッチや制御盤が使いやすい。












キッチンの窓から緑が見えます。











雪止め専用金物がしっかりと付いています。











ルーフバルコニー、気持ちいい。























親世帯の洗面室、乾太くんが納まりました。













子世帯の洗面室、便利な収納が付きました。











キッチンの説明が行なわれています。
  完成しました。