Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  

バリアフリー住宅                                         

コラム

福祉と言えば、施設での収容保護であると信じてきた時代に変わって、本来人間は疾患や障害があっても、住み慣れた自宅や地域で安心して生活がおくれることが福祉の基本的な考え方であり、今やこの考え方も定着しつつあります。                                      東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計


つまりは、障害のある人を障害のない人と同じ機能に回復させることがノーマルにすることではなく、障害を持ったままでも障害のない人と何ら遜色なく日常生活をおくれるよう生活環境や条件を整備する事がノーマルなのだという考え方です。

具体的には、
足にけがをして松葉杖や車椅子を利用した事のあるかたや、マタニティーの時やベビーカーを押しての外出時に、今まで気が付かなかったほんの少しの段差に苦労した経験をお持ちのかたも多いはずです。


このことをもとに、バリアフリーデザインとユニバーサルデザインがあります。
 
バリアフリーは、もう日常生活の中でよく耳にするようになり、ご存知のことでしょうが、ユニバーサルデザインという言葉はまだあまり浸透していないかもしれません。

年令、能力、体格、障害の有無などによる区別がなく、だれもが使いやすいデザインのことです。

加齢に伴う障害や疾病のための準備や対応のみがユニバーサルデザインではなく、住まいの要所要所でユニバーサルデザインだったことに気づかずに生活できる住空間をつくってゆきたいと思っています。


二級福祉住環境コーディネーター  鍵山 貴美子


私どもの事務所にご依頼いただく住宅のほぼ100パーセントにおいて、ご要望事項にバリアフリーという言葉が出てきます。

では、具体的にバリアフリー住宅の設計って何でしょう。
廊下と居室の段差がないこと。玄関までスロープで入っていける事。
車いすになった時、支障なくトイレが使える事。
トイレや浴室に手すりを付ける。
そんな事だけを考えて済むのならば、いとも簡単。
なぜなら、誰もが必ず車椅子の生活になり不自由に思う。
・・・ではないからなのです。

その家、そこに住む人を一番に考えたユニバーサルデザインを提案しています。


       
                     
       
              舞台 NY邸 東京都世田谷区の家
       
              漆喰 SW邸 東京都八王子市の家-1
       

       
              犬庭 OH邸 東京都練馬区の家
  
     
       
   ○二 IW邸 東京都杉並区の家                       
       
   一空 AR邸 埼玉県所沢市の家
       
    外廊 KD邸 東京都多摩市の家
       
  呼吸 NA邸 東京都小平市の家-2         
       
   燦層 MN邸 東京都中野区の家

現在、障害をお持ちのお子様を子育て中のご家族、要介護の在宅介護真っ最中のご家族、色々な事例のご相談やアドバイスを交えて、より良い生活を提案しています。また、要介護や要支援のご家族と生活する御同輩、私の実生活も交えて考えると、バリアフリー住宅は箱モノの家の形や仕様だけではとても解決できない。と、大変よく分かります。
家にいる事がとても楽しく、明るくなれる介護住宅を実現します。

家族は以心伝心。
家族みんなが良い家だと実感出来る空間づくりをします。



ご相談にもバリアはありません。