Kagiyama kenchiku sekkei        鍵山建築設計      Small fantastichouse story  


建築家と家づくり                                         

コラム

家の価格 

コロッケ、餃子、米、どんな価格で流通していたのでしょうか。
価格だけで評価しても良いのでしょうか。それとも、価格が評価のものさしなのでしょうか。
毎日、そんな事を考えて生活している主婦です。
家の値段はこれと関係する部分があるのでしょうか。
原材料の高騰って・・・・。
いろいろ考えてしまいます。                           東京都立川市 一級建築士事務所 鍵山建築設計

 

家を建てよう、建て替えよう。と考えた時、「では、予算はどの位なのだろう。」と考えます。

金融機関から借りられるだけの範囲目いっぱい。
・・・それでも足りない人もいれば、全額自己資金、それもそのうちのこれだけ。とはっきり区切り、すっからかんになるまで使い切らない。と言う人もいます。
どちらにしても、予算だけでは家は建ちません。

次に考えるのは何でしょう

ここであなたの家づくりのパートナーが決まります。
具体的に自分達にはどんな間取りか、はたまたどんな材料が適しているのか皆目見当が付かないが、家としての空間を一番に思い浮かぶあなた、建築家との家づくりに最適です。
その空間の中で、どんな生活をしたいか。どんな夢を持っているか。
新しい自分に生まれ変わるつもりで、古い本を処分したり、未知の世界にチャレンジしたり・・・。
それがあってこその予算が活きてくるのです。

適材適所

良く聞く言葉ですが、建築用語です。
木造住宅の木材は、同じように見える木でも、土台、柱、梁、床、階段、窓枠、全て違います。
予算によっても材料を変えますが、根底は適材適所です。
考えが古いように思えますが、高温多湿の日本列島は、室内を冷暖房で快適にしてもどうにもならない境遇にあるのです。

一番大事なものは

先述であなたの希望について、少し触れました。
今までの家で叶わなかった事を是非一つだけで良いので、実現して欲しい。
言い換えると、全て叶えられなくてもそれはそれで大成功。
何故なら、その為には莫大な資金が必要になるだろうから。

適正価格

自分達の家に夢を持って、真剣にご依頼に来られるご家族の為には、予算がいくらであろうと、私どもは設計監理を受けたいと思っています。
今迄のご相談には、『新築で100万円』からありましたが、残念ながらこれにはお応えできませんでした。
何故なら、物には“適正価格”ってあるのです。


住宅の見積書は数十枚に上ります
大抵の見積もりは数社から取りますので、各社間で数千万円の差は珍しくありません。
しかし、その見積書の一行一行を見て行くと適正価格が明らかに露呈されてしまうのです。
(と、同時に、その会社の仕事ぶりまで分かってしまいます。)
高い場合も安い場合も、「えっ。」と思わせる価格はそれなりの理由があるのです。
昨今の話題、食の安全性の諸々の事件と同様な気がしています。

確固たるもの

 最後まで自分の考えを持っていて下さい。
友達や周りの人の意見に迷わされることなく、本当に自分が良いと思い決めた事を信じる事。
建築家と家づくりをする人は、その傾向が非常に高いと実感します。
なぜなら、今のニッポン、住宅メーカーで家を建てる割合がとても高く、その分、意見も集まりやすく、せっかく建てた家だから、失敗した事はあまり言いたくない事もあるのかないのか、「ウチ、イイ家だよ」の声を聞く機会に恵まれ、一般的に住みやすい家に軍配が上がるのは、眼に見えているからです。
あなたにとっての勝者の選択は、自分への責任を持つ事でもあるのです。

魅かれるもの

工事が始まり、現場監理に移ると、その近くにあるSHOPの話でお客様と盛り上がる時が多々あります。
そのタイミングとお気に入り度が一致するのも、相性のあらわれのような気がします。
たとえば・・・

つくし文具店

お施主さまが現場に陣中見舞いにいらした帰り道、気になる文房具屋さんを発見しました。
早速教えてくれたその名は『つくし文具店』。
昔、学校の前の文房具やだった店を現在のようにリメイクしてこだわりの逸品を置いています。
私がひと目で引き込まれたのはこれ。三角スケールペンケースです。
鍵山建築設計では計画案の打合せに入ると、お客様に三角スケールを準備して貰います。
色々な縮尺がひと目で分かる優れもの。そのかたちそのままを再現したペンケース。
そして、目玉商品のつくしえんぴつ5本入り。芯の硬さは4Bでデッサン向き。
鉛筆の形状は丸と平面のミックス、角数でいうと2角・・・?


   
    

ポリーヌ

武蔵野市実例、現場監理の帰り道、ふと路地に眼が惹かれた。
何度も何度も通っていた道なのに、そろそろ監理も終わろうというこの時期、それは一軒のちいさなパン屋さん。
こしあんの入ったアンパンはかめさん。中がもちもちの全粒粉のパン。
季節柄、かぼちゃのデニッシュ等々・・・。
くつろぎパンのお店でした。


    
 



事務所に戻って、今日の監理報告のメールを書き、「その報告」も付け加えると・・・、
「私も今日、見つけました」とメールバックが届きました。